相談屋の独り言(2004年)

みなさんのご意見、ご感想をお待ちしております
こんな題材でなど何でもメールでお寄せください

 T  O  P  へ    2002年の独り言へ
2003年の独り言へ    2005年の独り言へ
2006年の独り言へ
    2007年の独り言へ

2004年10月11日

・心の中で対戦しているのは、いつも完璧なスーパーマンでは無いですか?

 学校に通えるのが普通だ。周りのみんなはきちんと家事をしている。自分だけ会社でミスをしている。自分の年では結婚しているのが当たり前。ささいな事でくよくよする自分はおかしい。家族で仲良くいられないのはおかしい。
 このように感じる人は多い(謙虚な人はほとんどの人が思ってるかも)ですが、これはAさんの真面目な部分、Bさんの器用な部分、Cさんの明るい部分といいとこ取りをして考えているだけ。もちろんをれを目標にすることはいいことですが、それがあたかもすべての人が出来て当たり前と捉えるのは大きな間違い。

 そんなに自分を責めて苦しくなるほど、周りはそんなに出来ている人はいませんよ。当たり前とか普通と思うことは以外に周りの人も出来ていないし届いていないことですよ。悩みが無い人はいなし、そう見えるのは隠していたり強がってるだけ。逆にあなたが当たり前にしていることが、周りの人が努力しても出来ていないことだってたくさんあるはず。ま、弱点がそのまま強みになることもありますが、それは又別の話。

 スーパーマンのようなとんでもない能力を持った人が普通だと思い、いつもそのような理想の人間では無い自分を責めてはいませんか?

2004年10月10日

・愚痴は言っちゃいけないか

 お母さんが子供に言います「そんなこといつまでも言ってても仕方ないでしょ。」。上司が部下に言います「愚痴を言っても何の生産性も無いし暗くなるだけだ。」。かなりの場所で愚痴というものは禁止されているものでは無いでしょうか。愚痴ばかりでは気持ちがめいるばかりです。愚痴ばかりの場、考えるととても嫌な気分になるものでしょう。愚痴が増えると感謝の気持ちがなくなることも事実で、それはとても困ったことです。感謝の気持ちは人の良いところが見える証拠で、自分自身にとってもとてもプラスになる気持ちだと思います。それが無くなるのでは・・・。

 と言うように、愚痴を言うことは悪いことだと一般的に思われがちです。中にはそのような考えが浮かぶ自分はいけないのだと自分を責めてしまう人さえいます。もちろん、愚痴など無い建設的な考えばかり出来るようであれば、感謝感謝の気持ちで一杯であれば、そこまで行かなくても、愚痴を言わなくても楽しい生活ができればいいのですが、なかなか人の心は無限の期待をするのでそれはかなり難しいことです。(期待に関することはまた後日。)愚痴が思い浮かばない人がどのぐらいいるのやら・・・

 愚痴が頭に浮かぶのは当たり前(少なくする方法はあるでしょうがかなり難しい)。では、頭に浮かんだ愚痴を口にしなければいいのか?と言うことになります。頭の中で処理が出来ればそれに越したことは無いのでしょうが、頭の中だけで考えると人間、処理するどころか3つある愚痴が30にも300にもなって感じてしまうものなんです。これは頭の中で漠然と考えているうちに、それに付随するものまで嫌なものと感じ出してしまうのが一つの原因です。たった一言の言葉の行き違いが、学校や会社自体が嫌になると言うことは多かれ少なかれ経験するものですよね。一人で考えているとさらに孤独になり、自分だけが周りから取り残されている感覚になる事も考えられます。無理に愚痴を押さえ込むことは、よほどの良い出来事や気分などのプラス要因が無いと、あまり良いことではないのです。

 そこで口に出すこと、メモに書くこと等で自分の外に出すことによって、何回も繰り返し漠然と考えることがストップします。聞いてくれる人がうなずいてくれれば孤独感がなくなります。これらは不安とまったく同じです。それだけでも愚痴を言う効果というものはありますが、そこでもう一歩踏み込んで、具体的にどの部分に対して愚痴が出てきたのかを考えてみるのです。そうすると不必要に対象の範囲を広げなくていいわけです。もう一歩、その愚痴を無くすにはどのように自分が行動できるかを考えてみるといいのですが、中には愚痴を言うこと自体が目的になってしまっている場合があるので全部にあてはまるわけではありません(人を悪く言うことにより自分を保つ心理です。これも又の機会に。)が、場合によっては周りに反感を買いやすいので気をつけたほうが良いですね。

 何処でもかしこでも愚痴を言うことはマイナス要因になることは目に見えています。言う場所や人は十分に選びましょう。身近だから言える事もあれば、言えない事もあるでしょう。逆に普段会わない人だから言えること、言えないこと。その人によって受け止められることなのか。明るい事を口にしている方がいいのは確かですが、愚痴の言える仲の人がいると言うことはとても心強いことですよね。感謝の気持ちも出せる、愚痴も言えるし、聞ける仲。そのバランスが健全な関係をつくる要素になるはずです。
 

2004年8月8日

・切り取られた時間を見て

 

 さっき壁にかけてあるカレンダーを見ました。きれいな富士山の写真がどーんと迫ってきます。全体に赤っぽいその写真は、雲も赤く(うーん、やっぱり雲はいい)とてもきれいで雄大な感じを受けます。

 きれいな夕焼けの富士山だなあと思って説明書きを見てみると、あらら、朝焼けの写真でした。たぶん自分の経験のほとんどが空が赤いのは夕焼けのシーン。だからそうと決めつけてしまったのでしょう。なんとなくやられたという感覚と、その説明を読んだ後に見る写真の印象の違い。なんとなくすがすがしいというか・・・

 こういう決めつけというものは日ごろ気付かぬうちにたくさんあるものなんですね。ましてやずっと悩んでいると、今の状態が今から日が沈むのか昇るのかというものは、その一瞬を過去の経験で決め付けてしまうものだから、当然、日は沈むと感じてしかりでしょう。前からの流れを見なければ判断は出来ないけれど、それはなかなか出来るものではありません。

 難しく考えれば考えるほど、悪い循環になりやすいものです。もう一度自分の思い違いを考えてみようかなと思うのでした。

2004年6月8日

どうもぅ。浅井心理相談室も3年目に突入しました。独り言が滞っているとのご指摘、嬉しいやら申し訳ないやらで・・・とりあえず溜めておいたもの2つ、これでどんなもんでしょう?これからも応援よろしくお願いします。

・薬は根本的な解決法ではなく、対処療法だって聞いたことあります?

 

 人の悩み事を聴く業務をされている方で、薬は対処療法で根本的な解決にはならないと主張する人に今まで何人かにお会いしたことがあります。そして、悩みを聴く事こそ根本的な解決方法だとか、原因であるもの(人間関係とか仕事とか金とか)を取り除くことが根本的な解決だとか言うのが、その人の主張です。

 私が、人間としての根本的な解決は何かと聞かれたら、一つ目は死ぬときに、「あぁ、いい人生だったな。」と言えること。二つ目は、もう苦しむことの無いように生きていける精神状態と環境がそろうこと。と答えます。今のところこの二つしか思いつかないですね。そして、これ以外は全て中途半端な問題解決に対する中途半端な関わりにしかならないでしょう。その人の人生にとって、ほんの些細な関わりしか出来ないのが事実なんです。それを、医師だろうが、弁護士だろうが、カウンセラーだろうが、根本的な問題解決をしているんだと思っている時点で、ただの思い上がりです。それぞれが出来ること、その限界を知ることはとても大切なことです。場を広げれば、いえ、角度を変えるだけで、全てのかかわりは対処療法と言う事になるでしょう。

 それぞれは協力するべきで、ただ批判しあっているだけでは何の足しにもなりません。利用する側もそこを理解し、それぞれの専門家の上手い利用方法を模索する必要があります。


・薬で症状を抑え、カウンセリングで自分と向き合う。

 心理的な悩みに対して、「病院にはどの様なときに行って、心理相談はどの様なときにすればいいのですか。」という質問を受けることがあります。これに対する答えは、「行きたいと思ったら行きましょう。」です。そう答えると、「いや、そうではなく、どれぐらいの症状になったらと言うことが知りたい。」と言うことですが、これも一概に答えにくく強いて答えるなら、「自分が行ったほうが良いかなと思うようになったら、早めに行きましょう。」です。う〜ん、ぜんぜん的を射ませんね。

 これを風邪をひいた場合として考えると分かりやすいと思います。風邪をひいたときどれぐらいのときに病院を利用したらいいかは、本人がつらいと思ったり早く直したいと思ったりというところが判断基準で、体温が○○℃を超えたらとか3分間にせきが何回以上出たら行きましょうということはありませんよね。36℃後半でだるくなってしまう人もいれば、38℃でも薬も飲まず仕事をしてそのままの人もいます。うつや不眠なんかもこれと同じ、自分自身で対処できるかどうか等が大きな要因でしょう。病院等を利用するには早ければ早い方がいいのは心も身体も同じです。(ちなみに精神科を利用するときは32条も考えてみてください

 医師(病院と表現してもいいかな)とそれ以外のカウンセリングルーム等の違いは薬が出せるかどうかです。じゃ、薬と心理相談はどう違うかと言うことですが、これも風邪で考えると分かりやすいと思います。風邪をひいたときに出すぎた症状(発熱、悪寒、鼻水、せきなど)を抑えるのは薬です。そして、ゆっくり休むとか、栄養を取る等も大切です。そして、無理な運動をすると薬を飲んでも余計に悪くなると言うことも考えられますし、薬を飲まなければ熱が出すぎて食事も出来なくてよくならないと言う事も考えられます。これが心の症状、例えばうつ的なときに当てはめると、抗うつ剤などで気分が落ち込むと言う症状を和らげ、心理相談をすることで、落ち込むところに行きにくくすることが考えられます。ものごとの受け止め方などを見つめることによってです。薬を飲んでもうつになりやすい考え方や環境にいれば、どうなるでしょう?酷いうつの時は、カウンセラーの声が届きますか?と言うことなんです。

 そして、病院もそれぞれで特徴はあり、話を長く聴いてくれるところ(医師、その他コメディカル)とほとんど薬の処方(症状のことと言い変えてもいいですね)に関することだけのところがあります。残念ながら私の聞いている範囲では、後者が多いようです。後者の場合でも、症状(どの様に眠れないか、どの様な気分なのかなど)や薬を飲むとどうなるか、副作用などを出来るだけ詳しく伝えましょう。前回と変わりませんでは、やはり薬の処方もそのままになってしまいます。自宅からの距離や料金設定、その他にもたくさんの要素が考えられますが、心の病気のときも身体的な病気に置き換えると分かりやすいのは分かってもらえるでしょうか。

 (ま、病気の診断的な立場で、症状が軽いと判断されれば、当病院には通わなくてもよいと言われるでしょう。その場合、別の病院を探してもいいでしょう。ちなみに、浅井心理相談室は愚痴やあまり悩んでいないけれどとりあえず聴いて欲しいということもお聞きしてます。恋愛相談もありますよ。宣伝です。はい。)

 早めに利用し、自分自身が利用した方が良いと思ったときに利用する。これがとても大切です。病院やその他でも行く前に電話をして、分からない事はどんどん質問してしまいましょう。丁寧に説明してくれそうかどうか、きちんと対応してくれそうかもそれで分かり大切な判断材料になります。ここなら大丈夫かなと思うところを気軽に利用してみましょう。

2004年1月12日

・悩み事が無いことが幸せか?

 やはり悩みを持っているときに一番感じる事は、「この悩みさえなければ幸せなのに」ということではないでしょうか。この問題さえなければ、あれも出来るしこれも出来るし。もっと楽しい毎日を送ることも簡単に出来るのに。

 確かにその通りなんですよね。そのつらさや苦しみが無ければ、もっと自由に動けることもたくさんあると思います。悩みすぎると、他に手も回らなければ、気持ちも向かないこと、たくさんあるんです。

 けれど、そこでちょっと考えてみてください。悩みが無い状態。これは、はじめから悩みが無い状態を思いがちですが、それだけではなく、そこを乗り越えるとその悩みが消えるという考え方もできますよね。悩んでいるからこそ、つらいからこそ見えてくるものもたくさんあります。悩むから考え、悩むから思い、悩むからこそ行動をするということだって、きっとあるはずです。それがあるからこその出会い、それがあるからこその発見。過去に悩んでいたことを考えると、なんか、とても些細な事で悩んでいたなって感じること誰にでもありますよね。まさしくそれが、その悩みを乗り越えてきた証拠なんです。学生の頃、テストの点数1点で悩んだ事はありませんか?子供の頃、遠足のおやつで悩んだ事はありませんか?幼い頃、テレビのヒーローが何で自分のところには来てくれないのと悩んだ事はありませんか?

 そして、悩みを乗り越えるからこその成長。人生の一番の楽しみは、悩みを乗り越えることではないかなと最近思うんです。だから、人生を・・・、そんなに大きく考えなくてもいいかな。毎日を楽しむには悩みは絶対に必要なんじゃないかなあって思うんです。悩むこと自体も楽しめるようになれたらなぁって。