相談を受ける場合

当相談室で面接で相談を受ける場合は、電話での予約をする必要があります。それ以外にも、掲示板・メール・電話での相談がありますが、それぞれの性質の違いは、次の表を参考にしてみてください。

相談の種類 メリット デメリット 料金
掲示板
  • 無料である。
  • いつでも書き込みできる
  • 5カ所の性質をうまく使えば、同じ体験をした人の意見を聞いたり、返事がほしくないときに独り言を乗せることもできる。
  • 不特定多数の人が見ている。いつ返事があるか分からないため何度もチェックしなければいけない。
  • 情報量が少ないため、比較的気持ち等が伝わりにくい。
無料
メール
  • いつでも送信できる。
  • 自分の気持ちや状況を整理することができる
  • 情報の提供を受けられる時もある
  • 返信にタイムラグがあるため、その時の気持ちとのずれがある場合もある。
  • 言葉のやり取りで、感情が上手く伝わらない時がある。

返信1回/700円

メールカウンセリング希望と題名にお書きください。

電 話
(携帯電話)

  • 自分の好きな場所から相談できる。
  • 10分刻みで相談できる。
  • 掲示板、メールよりも状況のやり取りがしやすい。
  • 思い立った時間いつでもかけられる。
  • 面談相談者は基本的に無料で行っている。
  • 予約が必要。
  • 声だけのコミュニケーションに限られるため、意志の疎通は面談より難しい。

初回15分無料
以後1000円/10分

面談継続者は無料

面談
  • 他の相談より意志の疎通がしやすい。
  • 何も話さなくても、その時間を共有できることができる。
  • 情報提供も受けやすい。
  • 予約が必要。
  • 相談室まで通う時間とお金がかかる。
  • 看板を出していないので場所が分かりにくいかも。(近くまで来たらまたご案内します)

9:30~18:00
初回4500円/60分
以後6000円/60分
4000円/30分
時間外 +1,500円

料金表はこちら

相談の効果

相談を受けると価値観が変わったり、視野が広がることにより、様々なことが受け入れやすくなります。その過程で、次のような効果が人によりあるようです。

1.気分が楽になる。
2.自分の価値が認識でき、孤独感がなくなる。
3.自分で悩みがまとめられ、対処ができるようになる。
4.悩みの解決法を知ることができる。
5.社会資源を知ることができる。

相談は、クライエントと浅井の共同作業です。何かの魔法でぱっと治るものではありません。ともに悩み、感じ、考えていく過程そのもので、苦しさを乗り越える場面を迎え、苦しさに直面する時もあるでしょう。しかし、そんな時も決して一人ではなく協力して乗り越えていこうとするものです。

実際に浅井心理相談室に来室しカウンセリングを受ける場合の予約からの流れです。基本的な流れですので参考にしてください。分からないところがあればご説明しますので遠慮なくご質問ください。

説明図

①どんなときにカウンセリングを受けるのか、カウンセリングとは何なのか、何が出来るのか、不安や期待があると思いますが、予約をする前に、まずは気軽に電話でご質問ください。029-859-4523では、365日24時間テープで音声案内を流しています。そして、浅井心理相談室以外にも民間の相談室はあるし、行政の無料相談窓口もありますから、よく比較してみてください。

②029-859-4522(080-1018-7670)で予約します。相談は、月曜日から土曜日の10:00から17:00が基本ですが、予約は他の時間帯でもお受けしています。

③場所等は相談室概要を参照して下さい。駐車場有。

④の書式はこちらを参照して下さい。
1「相談に関する説明書」
2「心理相談サービスに関する申込書」
3「相談票」
これらの書類は、プリントアウトし記入されてから来室されても結構です。

⑤終了時に決められない場合は、後日電話で予約となります。
継続をしたほうがいい旨の話をすることがありますが、次回の予約も話し合いで決めます。
こちらから強制することはありません。