発達の障害

戻  る

*これは診断基準の一部に過ぎません。この情報のみで病名の特定は絶対に避け、心配であれば医師に相談してください。

診 断 名 主   な   症   状 治療法・対処法例
*通常、幼児期、小児期または青年期に始めて診断される障害
※精神遅滞(F7)
※心理的発達の障害(F8)
※小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害
 (F90-F98)
*精 神 遅 滞
・通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害である
(1)明らかに平均以下の知的機能・個別施行による知能検査で、およそ70またはそれ以下のIQ
(2)同時に、現在の適応機能、その文化圏でその年齢に対して期待される基準に適合する有能さの欠陥または不全が、以下のうち2つ以上の領域で存在・意志伝達、自己管理、家庭生活、社会的/対人的技能、地域社会資源の利用、自立性、発揮される学習能力、仕事、余暇、健康、安全
(3)発祥は18歳未満である。
・早期からの集団保育
・治療教育における言語訓練
・家族教育
・行動療法
・薬物療法  f7
※精神遅滞(F7)