自分で出来るリラックス法

カウンセラーなんて
要らない
自分で出来る
リラックス法
心の病 心理療法 TOPへ

 ストレスとは、もともと機械工学で使われていたもので、金属に力をかけると曲がる、その状態のことを言います。人の心身も外的な刺激を受けると曲がっていき、あまり曲がりすぎると戻れずに最後には折れてしまうこともあります。今では、その状態だけではなく、曲がる原因である外からの力(ストレッサー)のことも含めてストレスと呼ぶのが一般的のようです。精神的なもの、身体的なもの全て外から受ける刺激はストレスであり、私たちは普段それらに対処するためいろいろな防衛機制を意識的・無意識に行うことにより自分を守っています。

 対応しきれない場合、それにプラスし、それ自体を軽減することと、それらに対する耐性(感じ方や考え方、体力的なもの)の両面から意識的・積極的に対処(ストレスコントロール)していく必要があります。ストレスを不快に感じるのではなく、心地よい刺激と感じられるに越したことはありませんが、なかなか難しいですね。

 ここで、自分で出来るリラックス法として、ちょっとしたコツがいるものから、普段皆さんが遊びとして行っているものまで特に順番を考えずに並べて行きます。詳しく知りたい場合は、本やインターネットで調べてみてください。これでストレスを自分で上手く解消できるならカウンセリングや医療を受ける必要は無いのです。カウンセラーはいらないと言えるに越したことはないと言うのが私の考えです。そして心の病や心理療法に関する知識も必要ありません。自分の気持ちが上手くコントロールでき、毎日を楽しく生きられるのならば、病を持った人に接する時も、人を尊重する心だけで十分だと思います。

参考文献
・心理相談専門研修テキスト2002
(中央労働災害防止協会)
・うつと不安の認知療法練習帳
(創元社)
・当相談室ホームページの掲示板やメール
(文献じゃないですね、皆さんに感謝)

自律訓練法 いすに座るか横になります。楽な姿勢をとり体の力が抜けると手足が重くなってきます。力が抜けると血行が良くなり手足が暖かく、心臓の鼓動が規則正しく打ち、息が楽になる・・・。これらを意識することにより、心身のリラックスをすることが出来るようになる訓練法です。
筋弛緩法 漸進的、部分的、積極的と言うものがありますが、とにかく各部分の筋肉に力を入れてから力を抜くと、比較的に体が楽になっていくことが感じられやすいはず。難しいことは抜きにして、リラックスしたいときに使ってみてください。息を吸いながら力を入れて行きある程度でそれを止め、はきながら力を抜くのがコツ。
呼吸法 緊張している時は呼吸が浅くなりがちです。ゆっくり4つ数えながら呼吸をします。それを4分ほど繰り返してみましょう。もちろん腹式呼吸、おなかを意識して。
イメージ法 海にぷかぷか浮いている、草原に寝転んで爽やかな風に吹かれる。心地よい音(音楽)、自分の好きな香り・味。自分のリラックスできる場面を思い描く方法。
タイムをとる 不安や怒りがこみ上げる、そんな時、とっさに自分にタイムをとってみましょう。スポーツの試合で、冷静になれなくなったときに、嫌な流れを止めるために良く使われます。普段の生活でも、30秒でも、数日でも嫌な流れを変えるのに、一回棚にあげることも必要です。
ノートに書き出す 認知療法と言うものがありますが、そんな難しいことを考えなくてもいいから、いろいろ問題を抱えていると思ったらやってみてください。日記でも、個条書きでもいいのです。気持ちや問題を整理することが出来ます。何があったのか、どう感じるか、どういう対処法が自分には出来るのか・・・。
カラオケ 下火になってきたと思ったら、まだまだ。音楽療法?そんなことより、とにかく楽しく大きな声を出してすっきり。あまり高い声で歌いすぎるとポリープが・・・。私は車の中で一人、声がかれるまで大声出してます。
ドライブ これも定番です。サイクリングや散歩も気持ちいいです。
・アロマ・音楽を聴く・とにかく寝る・運動・食事・買い物・温泉・マッサージ・動植物を飼う・鏡を見て「ぐふっ」と笑う・・・・・・上手く解消するために楽しみとして出来るといいですね。HPの掲示板やメールも参考にさせてもらいました。感謝。

カウンセラーなんて
要らない
自分で出来る
リラックス法
心の病 心理療法 TOPへ