虚偽性障害

戻  る

*これは診断基準の一部に過ぎません。この情報のみで病名の特定は絶対に避け、心配であれば医師に相談してください。

診 断 名 主   な   症   状 治療法・対処法例
*虚偽性障害 (1)身体的または心理的徴候または症状の意図的産出、またはねつ造
(2)その行動の動機は、病者の役割を演じることにある
(3)行動の外的動機(詐病のような、経済的利得、法的責任の回避、または身体的健康の向上)が欠如している
・精神療法