心 理 療 法

カウンセラーなんて
要らない
自分で出来る
リラックス法
心の病 心理療法 TOPへ

 心理療法の定義として、「心理的方法というのは、従来は専ら言語的コミュニケーションの手段、つまり面接相談をさしていたが、近年は行動、反応を用いる場合も心理的方法とみなされるようになった。医療で日本語として用いる精神療法は専ら後者を指しているが、心理学の分野では前者、後者をともに指している。」とカウンセリング辞典(誠信書房)に書かれています。簡単に言えば、心理療法と精神療法は同じもので、カウンセリングはその中の一形態であるといえるでしょう。

 さて、実際に心理療法というものはどういうものがあるのでしょうか。心理療法というものは、数え切れない数のものが生まれ、消えていくものです。その中で、いつまで残っていくかは分かりませんが、療法と名の付くものをグループ分けせずに簡単に説明書きをつけますので、詳しく調べるきっかけにして下さい。心理療法を受ける前に、変に先入観を持ちたくないと思うのであれば読まなくても良いと思います。

 カウンセラーにより、どの心理療法を使用するか、出来るかは様々です。その時の主訴や話の進み具合でも技法は違うはずです。しかし、どうしても気になる場合は、通う前に聞くと良いと思います。その時の対応も選ぶ大切な要素でしょう。
 カウンセラーを選ぶ時に大切なのは技法よりも相性です。信頼関係が結べるかどうかが、とても重要な要素になってきます。今、通院しているけれど、精神科医に悪い気がするから、あまり自分の症状や気持ちを話すことが出来ません、という方もいらっしゃいますが、主治医にもドンドン遠慮せずに質問をすることをお勧めします。主治医やカウンセラーの個人的なことを聞くのはいけませんが、病気の症状や気持ちを話し聞いてもらわなければ、治療やカウンセリングは始まらないはずなのですから。

参考文献
・あるカウンセラーのノート
(財団法人 関西カウンセリングセンター)
・社会福祉用語辞典
(中央法規出版編集部編)

精神分析療法 自由連想法、夢分析等の方法で行う。クライエントの心の洞察をし、共同して自我の歪みを取り去ることにより、より健康な自我活動を行えるように援助する療法。心には、エス・自我・超自我があり、それらの調和と統一が保たれている時に環境への適応が円滑に行われているという。自我の防衛機制、転移、口唇期等の発達段階の用語は良く知られている。
森田療法 森田神経質と呼ばれる性質の人達を対象に、次のように第一〜第三期に分けて実施され、それぞれの時期には次のような規則がある。
第一期:臥褥期
・食事、洗面、便通、入浴のほかは、常に寝ている・一切退屈を紛らわすことを禁ずる等
第二期:軽作業期
・朝は6時(冬は7時)に起き,夜は9時ないし10時に消灯して寝る・昼間は必ず庭に出て、静かにしている・夜は夕食のすぐ後で日記を書き、作業室で仕事を見習い、出来そうなら手伝っても良い等
第三期:重作業期
・起床後の内外掃除は起床後15分より全員で行う・昼間はやむをえない場合のほかは、絶えず戸外あるいは作業室で作業し室内に閉居しない・夜間は作業室に集まり、規定時間作業する等
行動療法 学習によっての態度の変容が狙い。古典条件づけ(ベルを鳴らすと犬がよだれをたらすというやつ)とオペラント条件づけ(ねずみがレバーを押して、えさを得るというやつ)の実験は有名。自律訓練法と組み合わせて、系統的脱感作法、主張反応法、概念統制法などが使われる。
認知療法 誤って学習した考え方・イメージ・記憶が、自己否定的になり、環境を非現実的に捉え、偏った行動が維持される。この誤って学習したものを捉えなおすことにより、症状を改善するもの。
来談者中心療法 カウンセラーがクライエント(来談者)の悩みを取り去ったり、解決方法を助言したりするものではなく、クライエントが自分の直面する問題に取り組み、成長力や可能性を発揮し、自分の力で立ち向かうのを援助すると言う理論。・カウンセラーがありのままの自分になること・クライエントを無条件に受容すること・クライエントに対して共感的な理解をもつことなどの特徴がある。
交流分析 自分の性格上の問題点を、自己分析によって気づき、他人との人間関係を自分でコントロールできるように学習していく方法。親・大人・子供の三つの心が自分にあり、これらのバランスが大切である。簡単なテストで結果をグラフに表し、自我状態をつかむエゴグラムがある。
ゲシュタルト療法 過去の出来事に自分の現在の責任を負わすことを否定し、「今・ここに生きる」と言う考えを大切にする。今決断することにより、自分の未来を選ぶことが出来ると考える。今・ここで内外に起こっていること、今一番何が欲しいか、一番何が大切かなどを気づいていくことが生き生きと生きていけることに繋がると考える。
論理療法 「〜しなければならない」とか「〜すべきではない」などに固執した考えを、事実に基づかないものであることを説き、認識や行動の変容を促す理論。
内観療法 音楽を合図に朝六時に起床。洗顔と清掃の後、六時半から夜九時まで、入浴とトイレのほかは静かに座り、人々と自分の関係で・世話になったこと・して返したこと・迷惑かけたことを年代順に、具体的に調べるように自己を見つめます。
遊戯療法 遊びを媒介として、子供の自己治癒力を引き出し、パーソナリティの発達の促進を援助しようとするもの。子供にとっての遊びは、成人の言語に匹敵し、心の表出手段であると考えられる。
箱庭療法 遊戯療法の一つで、砂の入った浅い箱の中に、建物や動物、植物、人間の模型を配置できるように、その人の世界を表現してもらうもの。
芸術療法 絵画や粘土の造型、写真や雑誌や布キレなどを貼り付けるなど、心の奥底にあるものを形あるもので表現する事により進められる。
催眠療法 暗示にかかりやすくなるため、心の問題の所在について心理学的診断がしやすくなり、治療的な暗示を与えることでストレスによる心身の症状をとりのぞくことが目的。
自律訓練法 注意の集中、自己暗示の練習によって、全身の緊張をとき、心身のひずみを自分で調整できるように考案された訓練法。
気持ちが落ち着いている→手足が重たい→手足が暖かい→心臓が静かに規則正しくうっている→呼吸を楽にしている→おなかが温かい→額が涼しいと言う順番で実施する。
家族療法 当人とだけでのカウンセリングでは好ましい変化を示しても、家庭生活に戻ると、問題行動を再現することがあり、この場合、家族を単位と考えて進める療法が有効である。個人面接、親子面接、夫婦面接など、組み合わせて進められる。

 
精神科
ソーシャルワーク
病院、保健所、精神保健福祉センター等の精神科領域における社会福祉援助活動のこと。精神障害者やその家族を対象として、心理的・社会的・経済的問題の解決を支援する。

カウンセラーなんて
要らない
自分で出来る
リラックス法
心の病 心理療法 TOPへ