適応障害

戻  る

*これは診断基準の一部に過ぎません。この情報のみで病名の特定は絶対に避け、心配であれば医師に相談してください。

診 断 名 主   な   症   状 治療法・対処法例
*適応障害 (1)はっきりと確認できるストレス因子に反応して、そのストレス因子の始まりから3ヶ月以内に、情緒面または行動面の症状の出現
(2)これらの症状や行動は臨床的に著しく、それは以下のどちらかによって裏付けられている
・そのストレス因子に暴露された時に予測されるものをはるかに超えた苦痛
・社会的または職業的・学業上の機能の著しい障害
(3)ストレス関連性障害は他の特定の精神障害・疾患を満たしていないし、すでに存在している精神障害・疾患または人格障害・精神遅滞の単なる悪化でもない
(4)症状は、死別反応を示すものではない
(5)そのストレス因子またはその結果がひとたび終結すると、症状がその後さらに6ヶ月以上持続することはない
・精神療法
・行動療法
・生活指導