心  の  病

カウンセラーなんて
要らない
自分で出来る
リラックス法
心の病 心理療法 TOPへ

 自分に病名が付いて安心する人、落胆する人、本やテレビで病名を見て、自分は病気ではないかと悩む人。一般的になってきたといっても、まだまだ、風邪ひいちゃったとか、ちょっと食あたりしたみたい、という具合にはいかないと言うのが心の病の現状のようです。

 それは、周りにその様な人がいないから隠そうと思ったり、どのぐらいの症状になったら誰に相談すればいいのか分からない等の、心の病に対する知識不足にもその原因が考えられます。それを解消するためのまず手始めとして、心の病にはどのようなものがあるのか、それにはどのような症状があるのか、その一部を列挙していきます。各参考文献は、診断・分類が一致しないところもあり、それを組み合わせていますので、正確性に欠けるところがあります。(DSMを基本にし、ICDの病名を当てはめた形になっています。症状の欄が一緒になっているところはDSMの記述がもとになっています。)

 詳細を調べるきっかけになればいいなと思っています。今通院しているのなら主治医に説明を受ける手助けに、そのための入り口として使ってください。決して素人判断はしないようにしてください。

 自分に当てはまり、つらいということであれば、どうぞ迷わず病院や精神保健福祉センター等の精神科医に相談してください。このような名前が存在するということは、特別なことではなく、たくさんの人があなたと同じように症状でつらい思いをしているということなんです。一人で悲観することはありません。逆に症状が当てはまらない場合でも、つらいと感じるのであれば、まず相談することをお勧めします。

 昔はそんなこと人に相談することは無かったなどと思う人もいるかもしれません。しかし、それは悩みを家族で、そのコミュニティで共有し、支えあってきた事実があります。問題自体が隠れていただけだったのかもしれません。相談することは恥ずかしいことでも、いけないことでも何でもありません。むしろ、真剣に物事を考えている証拠で、尊敬すべきことだと思います。

 当相談室では当然ながら、病名の診断はしません。出来ません。さらに私は、あまり病名を重視していないのです。もちろん病気を治して健康になるということを否定するわけではないのですが、病名にとらわれるのではなく、困っている症状、そしてそれをどうして行きたいかという希望、どのように生活していきたいかが大切と考えています。一つの要素で全てが決まることはないのですから。

 たとえ病気になったとしても、服薬することになったとしても、何も特別な人になったわけでもなく、隠さなければいけないものではありません。ちょっと探せば治療や相談をする社会資源は数えきれないほどあります。決してあなたは一人ではないのです。周りにその人がいるのなら、あなたが支えて上げられる人になってあげてください。


 もともと精神科の診断には内科などのように明確な世界共通基準が無かったようです。学派ごとであったり国ごとであったりという具合にです。そこで、共通のものとしてDSMとICDが作成されました。DSMは症状面を重視し分類・診断したアメリカ精神医学会版といえるもので、ICDはWHO版。もともと統計分類のためのもので、治療・対処法のものではないようです。これに加え、古くから使われているもの(内因性とか、ヒステリーとか聞いたことありますよね)もありますので、病院や医師によって診断名がばらばらになることは日常的なもののようです。
 病名分類よりも、治療や予後、幸せに生活が出来るかということの方がずっと大切なことです。これは声を大にして言いきります。病名というたった一つの要素にとらわれるのではなく、生活全体として考えていくことがずっと大切なんです。

参考文献
・*DSM−W 精神疾患の分類と診断の手引き
(医学書院)
・※ICD−10 精神および行動の障害
臨床記述と診断ガイドライン
(医学書院)
・今日の治療指針 私はこう治療している
(医学書院)

*各病名の項目は、診断基準の一部に過ぎません。
程度の問題もありますから素人判断はとても危険ですので、
医師に相談するようにしてください。
(2017年1月現在、DSMはバージョン5になっています。)
*通常、幼児期、小児期または青年期に始めて診断される傷害
※精神遅滞(F7)
※心理的発達の障害(F8)
※小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害
(F90-F98)
明らかに普通より算数が苦手だったり、上手くコミュニケーションが出来なかったりと子供の障害  
  *精神遅滞
※精神遅滞(F7)
IQが一つの指標 言語訓練・家族教育・行動療法
*せん妄、痴呆、健忘および他の認知障害
※症状性を含む気質製精神障害(F0)

集中力、記憶がなくなる、言葉が分からなくなる時も・・・  
  せん妄 ど忘れ ・介護等ストレスコントロールに対する対処
*一般身体疾患による精神疾患 体と心は繋がっています。体の病気や怪我でも心に影響が出る時があります。  
  気分障害 そして気分が落ち込みます。 ・薬物治療・栄養補給等
*物質関連障害
※精神作用物質使用による精神および行動の障害(F1)
アルコール、アンフェタミン、カフェイン等いろいろ  
  *物質乱用 薬物により心身に異常が・・・ ・治療につなげるための指導・減薬・断薬・薬物教育
※依存を生じない物質の乱用(F55) 薬を持ってるだけでも安心  
*精神分裂病
※精神分裂病、分裂病型障害および妄想性障害(F2)

今は統合失調症と呼ばれています ・薬物療法・生活療法・精神療法・作業療法
*気分障害
※気分(感情)障害(F3)
落ち込んだり、明るくなったり  
  大うつ病エピソード
※うつ病エピソード(F32)
何もしたくない ・薬物療法・精神療法・環境調整
*躁病エピソード
※躁病エピソード(F30)
自分に出来ないことは無い ・薬物療法・精神療法・生活指導・予防療法
不安障害
※神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害(F4)
先のことを考えると・・・  
  パニック発作
※恐怖症性不安障害(F40)
心臓がドキドキ ・薬物療法・行動療法・精神療法
*身体表現性障害
※身体表現性障害(F45)
心の不調が体に出ちゃう  
  身体化障害
身体化障害(F45.0)
頭痛や関節痛、胃腸の調子も・・・ ・身体病の治療、症状の緩和が優先で、徐々に心理的援助面に向けるのが基本・認知行動療法・バイオフィードバック・系統的脱感作療法・薬物療法
*心気症
※心気障害(F45.2)
自分は重病なんじゃないか
*身体醜形障害 自分の見た目が気に入らない
*虚偽性障害
病気であることを演じます ・精神療法
*解離性障害
※離人・現実感喪失症候群
 (F48.1)

自分が自分じゃない  
  *離人症性障害
※離人・現実感喪失症候群
 (F48.1)
自分が外から自分を見てる感じ ・共感的理解のうえで、カタルシスが有効・精神療法
*性障害および性同一性障害
※性機能不全、器質性の障害あるいは疾患によらないもの(F52)
※成人の人格および行動の障害(F6)
性的な障害エトセトラ  
  性嫌悪障害
※性の嫌悪(F52.10)
自分のパートナーとの性的行為も嫌 ・精神療法・行動療法
*摂食障害
※摂食障害(F50)
普通の食べる量って?  
  神経性無食欲症
※神経性無食欲症
  (F50.0)
まだまだ痩せたいんです ・精神療法と栄養療法のバランスが必要・身体療法・認知行動療法・家族療法・薬物療法
*神経性大食症
※神経性大食症
  (F50.2)
食べるのがとめられない
*睡眠障害
※非器質性睡眠障害(F51)
眠れない  
  原発性不眠症 寝付けない、夜中に起きる、昼間は眠い ・睡眠衛生教育・認知行動療法・精神療法・高照度光療法
*ナルコレプシー 突然眠りの世界へ
*呼吸関連睡眠障害 寝ている時に呼吸が止まる
*概日リズム睡眠障害 朝型?夜型?
*他の何処にも分類されない衝動制御の障害
※習慣および衝動の障害
なくて七癖  
  *抜毛癖
※抜毛症(抜毛癖)(F63.3)
はげちゃう・・・ ・精神療法
・行動療法
*適応障害
環境になじめない ・精神療法・行動療法・生活指導
*人格障害
※成人の人格および行動の障害(F6)

対人関係がむすべない ・精神療法・薬物療法・家族療法・集団精神療法・

カウンセラーなんて
要らない
自分で出来る
リラックス法
心の病 心理療法 TOPへ