戻る


2002/10/02(水) 15:39

・猫は好きですか?

 
ある人が言いました。「猫は嫌い。」それを聞いた猫好きの人は、その人の言っていることがまったく分かりません。
猫ほどかわいいものは無いのに、この人は生き物をかわいがることも出来ないのかと思っていました。「かわいいのに、
どうして嫌いなの?」と聞いたところで、話になりません。しまいには、自分の猫好きを否定されているようで、その
人ともあまり話さなくなってしまいました。

 まさかと思うかもしれませんが、これは本当にあった話です。これに似たことは、多かれ少なかれ誰でも経験してい
るはずです。
自分の好きな人が馬鹿にされたり、それが出身地だったり、会社や学校だったりです。サッカーの対戦で暴動が起こる
のも同じ気持ちからかもしれませんし、自分の意見を否定されることも同じです。

 人は、それぞれ何かに属しています。属していないと不安になることさえあるのです。そして、その属しているもの
を否定されると、自分自身が否定されたと思い、悲しんだり、怒ったりとなるのです。しかし、そういう感情が起こっ
たとき、すぐに行動に移すのではなく、ちょっとだけ考えてみて下さい。どうして自分は怒ったり、悲しんだりしてい
るのかと。「自分の属しているもの=自分」では決して無いことを。「自分の違憲=自分」でもないはずです。
 そしてもう一つ考えてみて下さい。相手がその一言を言ったのはどういう意味なのだろうかと。もしかしたら、まっ
たく自分の考えていることとは違うことかもしれません。

 猫嫌いの人はどうして嫌いと言ったのでしょうか?猫の全てが嫌い?ひっかかれた経験がある?大きい猫だけが嫌い?
嫌いと思い込んでいるだけ?猫好きな人に嫌悪感がある?いろいろな事が考えられます。「いろいろな事が考えられるけ
れど、ただ想像をしているだけでは逆にストレスが溜まってマイナスになってしまうから。勇気を出して効いて見たら。」
一念発起で聞いてみたら、「玄関の前に糞をされたから、他の猫は好き。」だったそうです・・・
 かわいいのにどうしてと考えても話はかみ合わないはずでした。

 まったく関係ありませんが、私はきれいでかわいい猫も好きですが、たまに見かける不細工で痩せたかわいくない猫
も好きです。泣き声も「にゃー」ではなく、「ぎにや〜」だったりします。だから、私は猫がかわいいから好きという訳ではないのかも知れません・・・。

戻る